那珂太郎著『宙・有 その音』について

naka
仁荷大学校の王淑英先生をお招きしての特別研究会(11月23日)の冒頭で、西川がお話した本についての問合せがありましたので、研究関連資料として改めてお伝えいたします。
『宙・有 その音』那珂太郎著 花神社刊(¥3000+税)が、発刊されました。那珂太郎さんは日本を代表する詩人のひとりであり、「詩人としての大岡信」の第一発見者でもあります。今年お亡くなりになり、遺稿集としてこの本が出版されました。編集は運営委員でもある大久保憲一さんです。
興味深いテーマが満載ですが、とくに那珂太郎と大岡信の対談が刺激的です。那珂さんは、萩原朔太郎の研究家として名高く、この対談の時期(1978年)に萩原朔太郎全集の編集を終えられました。大岡信は、このあとに『萩原朔太郎』を書くのですが、対談の中でも朔太郎の短歌を取り上げて二人で語り合う場面があり、後日の朔太郎論へアプローチとひらめきが感じられて興味深いです。
 那珂太郎さんは、詩人ですが俳句も詠まれていて、この本でも40ページにわたって俳句作品を掲載。運営委員の長谷川櫂さんが読売新聞朝刊で連載している「四季のうた」では、11月初めに10句連続、那珂さんの俳句を取り上げました。本の帯には、三浦雅士氏が、「那珂太郎は戦後詩において詩と思想をひとつにした詩人である・・・」と熱く語っています。

白障子あくれば虚空に通ふらし 太郎

 大岡先生とふたりで大学のキャンバスを歩いていたときに突然、「向こうからやってくる人知ってる?」「いいえ」「詩人の那珂太郎さんだよ」と言われました。会釈しながらすれ違う那珂太郎さんの笑みを、私は今でも記憶しています。(西川敏晴記)

Posted in 新刊 | Leave a comment

加田怜 第一句集『花に鞍』

加田怜さんの第一句集『花に鞍』が出版されました。

ふがいなき我をやしなへ粥柱   怜
漱石の髭をさすらふ春蚊かな

表紙カバーの春蘭の墨絵は夫人の筆です。

私(長谷川櫂)がさしあげた序句は、

古きよき酒を尋ねん花に鞍    櫂

ポール・ヴァレリーの「失われた美酒」に和した俳句です。加田さんがヴァレリーを詠まれた句も句集にあります。

花神社のホームページから購入できます。花神社、1500円+税。

Posted in 新刊 | Leave a comment

壱岐梢詩集『樹念日』


耳をそばだて、魂の目を見開き、生活のそこここにかくれている、美しいもの、そして見たくないもの、それらを的確な言葉で表現した、著者の第一詩集。

1,890円
2012年7月1日刊行
購入する

Posted in 未分類 | 壱岐梢詩集『樹念日』 はコメントを受け付けていません。

金南祚掌篇集『美しい人びと』


韓国の芸術院会員である女性詩人の、私たちの近くでひっそりとくらしている、誠実で美しい心の人びとを描いた、心温まる41の物語を収録。

鴻野映二・高野愛 訳
2,100円
2012年6月25日刊行
購入する

Posted in その他 | 金南祚掌篇集『美しい人びと』 はコメントを受け付けていません。

伊藤桂一句集『日照り雨(そばえ)』


日照り雨降る毎にこの世はよみがへる

あたたかな人柄と鋭い感受性がおりなす、著者94歳の今を映し出す、心癒される句集。

2,100円
2012年6月15日刊行
購入する

Posted in 句集 | 伊藤桂一句集『日照り雨(そばえ)』 はコメントを受け付けていません。

大城友子詩集『愛を やさしく呼びかけて』

 
自然に匂い出す、作者のゆたかな人々への思いやりの薫り。ほんとうの意味の抒情の味わいに惹かれる--と、作家・伊藤桂一に評された第一詩集。

 

2100円
2012年5月25日刊行
購入する 

Posted in 詩集 | 大城友子詩集『愛を やさしく呼びかけて』 はコメントを受け付けていません。

山岡麥舟句集『麥舟句集』


大正8年生まれ、92歳の麦舟翁の第1句集。飄々として哀切の境地。花神社の「白い本」シリーズの1冊。

水底もお日和にして蜷の旅
弾痕も誉れもしなびたる裸
毛虫這ふ一本の毛も休むなく
桐一葉落ちて静かに横たはる

四六判 105ページ
1575円
2012年4月10日刊行
購入する  

Posted in 句集 | 山岡麥舟句集『麥舟句集』 はコメントを受け付けていません。

長谷川 櫂句集『唐津』   

『松島』『富士』に続く三冊目の旅の句集である。
富士、近江、吉野をへて西海の唐津へとたどる。

A5判変形 264ページ
2625円
2012年3月20日刊行
購入する           

Posted in 句集 | 長谷川 櫂句集『唐津』    はコメントを受け付けていません。

読売文学賞受賞  粒来哲蔵詩集 『蛾を吐く』


粒来哲蔵詩集『蛾を吐く』が第63回読売文学賞を受賞しました。

死への恐れ、生への執着、さらに性への畏敬をこめて、瀬戸際にいる己の胸の奥にある思いを、寓話風に語る。 22篇の詩にこめられた真実の言葉。

A5判 上製 109ページ
2,625円
2011年10月1日刊行
購入する

Posted in 詩集 | 読売文学賞受賞  粒来哲蔵詩集 『蛾を吐く』 はコメントを受け付けていません。

木下洋子句集『初戎』

鏡餅腹据るとはかくのこと
大凧に引つ張られゐる子どもかな
どこまでも揚がるつもりの雲雀かな
猫じやらしあたたかさうに枯れてをり
若菜粥五臓六腑よありがたう    (『初戎』から)

A5判変形 170ページ
2625円
2012年1月25日刊行
購入する           

Posted in 句集 | Tagged | 木下洋子句集『初戎』 はコメントを受け付けていません。

小柳玲子詩集『さんま夕焼け』

 
それは夢か空想なのか、すでに死亡した父が訪ねてきて、記憶の奥底に畳まれたさまざまな思い出や出来事をたどる。幼少時から現在まで、家族の幸せについて考えさせられる詩。

A5判変形 上製 117ページ
2,520円
2011年10月24日刊行
購入する

Posted in 詩集 | 小柳玲子詩集『さんま夕焼け』 はコメントを受け付けていません。