花神社の「白い本」

シンプルなものこそ美しい――これは日本文化の原点であり、これまでデザインや建築をはじめ、世界のさまざまな文化に影響を与えてきた思想です。

 この日本文化の大原則を本づくりに生かして、花神社が新たに考案したのが「白い本」シリーズです。純白の表紙の造本はシンプルにして美しい。いわば「現代の嵯峨本」といえるものです。しかも費用は通常の自費出版の半分に抑えました。

 句集のほか、ご希望により歌集、詩集、エッセイ集などもできます。判型は通常の四六判をはじめ新書サイズなどさまざまな大きさが選べます。人生の記念日の贈り物にもご利用ください。

 
『山岡麥舟句集』
四六判、50ページ

【例】
①新書判、50ページ、300部=約50万円
②四六判、50ページ、300部=約50万円
②新書判、100ページ、300部=約60万円
②四六判、100ページ、300部=約60万円
*四六判はふつうの単行本の大きさです。天地190ミリ 左右130ミリ。


【お問い合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合せの内容

Comments are closed.